月別アーカイブ: 2020年1月

タイトルなど変更しています

フラのためのカラダ作りとして長いこと行ってきたパーソナルトレーニングについてですが、タイトルを変えました。

新しいタイトルは、【ゆがみ解消・姿勢美人になるカラダ作り】です。

ゆがみーる、という、新しい姿勢分析の装置を導入するにあたり、フラダンサーさんだけじゃもったいない、もっと多くの方に利用していただきたいと思って、変更した次第です。

新しいものなので、慣れるまでちょっとお時間いただくことになりますけど、自分の姿勢が点数となって出てくるので、えげつないし面白いです。

まず、100点はいないそうです。実際どうなのかな?計測するのが楽しみです。何よりも、結果が数字で出るのはいいですよね。ああ、ビフォーの自分が欲しかった。いや、これからアフターになればいいんですね。

高齢者を見ていると、姿勢が良いということの重要性をひしひしと感じています。腰が痛くてたくさん歩けない、という方は、背中が丸い。そして、バランスが悪くなりやすく、転びやすくなります。本当に、姿勢が良くないがために、何度も転んでいる方を見ています。
すごい姿勢だな、と思っていたら、バスに乗るときに仰向けにひっくり返って腰や頭を打って動けなくなってしまった方もみました。

姿勢って、本当に大事。その大事さは、きっと、動けなくなってからわかるんだと思います。寝込んだときに、健康であることのありがたさを知るように。そうなってからでも、リハビリはやりますよ。必要になったら、介護認定受けてくださいね。

少しでも長く、健康的で活力のある日々が送れるように、出来る限りのことを提供しようと思います。ゆがみーる導入が正式に決まれば、予約システム上にゆがみチェックが表示されることになっているので、もうしばらくお待ちくださいね。

予約システムはこちらからどうぞ。

基本の基本レッスンができるクラス追加です

火曜日10時〜のピカケクラスでも、基本の基本レッスンを行うことになりました。2月からのスタートです。時間が長くなり、月謝もその分少しお高くなりますが、基本から学ぶにはとてもいいと思います。スケジュールの時間が長い日に、基本のレッスンを行います。

これをやるとうまくなるというわけでもないですが、ベーシックステップがどんなものかは解りやすくなると思います。是非ご利用ください。

ワークショップ、講座開催のお知らせ

お待たせしました。2020年のハレ・オハナが主催する講座、ワークショップの日程が出揃いましたので、お知らせします。

まず、フラのためのカラダ作り 集中ワークショップ

感じる解剖学 2020年2月16日(日) 10:00〜13:00
ストレッチ編 2020年2月29日(土) 10:00〜13:00
筋トレ編   2020年2月29日(土) 14:00〜17:00

定員各6名 受講料10,000円(税込)再受講は、6,000円

以下のテキストをご用意ください。

お申し込みはこちらからどうぞ。


いすフラコンダクター養成講座のお知らせ

今年も、いすフラコンダクターの養成講座を行います。今年から、内容をリニューアルしまして、学ぶとは何か?いすフラと学びの関係などをお伝えします。

私がライフワークと思っていることが「生涯学び続けること」の意義を伝えることです。新しいことを勉強することが学びなのではなく、自分を発見していくことこそが学びです。本来、人はそういう学びを喜びに感じるものなんですが、「学ぶということは苦しいこと、勤勉であること」という思い込みが、学びを阻害しています。

うまく学べるということは、生きやすくなることでもあるし、自分を受け入れることでもあります。いすフラを通して、全ての年代の方が学び、生きる喜びを感じてもらえたらなぁ、と思うので、そういう人材をたくさん養成したいという思いがあります。

そこで、学習理論を共に学んだ仲間である、ラーニングファシリテーターの小野さんのお力を借りて、講座を開催します。興味のある方は、是非おいでください。

日時 2020年3月15日(日) 10:00〜17:00

受講料 25,000円(再受講10,000円)

修了証を発行します。
いすフラコンダクターと名乗っていただけます。

お申し込みはこちらからお願いします。

クービック予約システムから予約する

上記お支払いには、クレジットカードや、各種QRコード払いなど対応しています。ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

生き方とフラ

少し時間があったので、横浜そごう美術館で開催されている樹木希林さんの特別展に行ってきました。
三連休はミレニアムカード会員の方は無料だそうなので、興味がある方はどうぞ。

彼女の生き方がすばらしいと称賛されてますが、ガンに罹患して生き方が変わったようですね。元々のキャラクターももちろんありますけど、病気になり、それを受け止めて生きていくことで、シンプルな生き方になったような印象を受けました。

私も、病気(脳出血)になり、自分の死を他人事ではなく意識しています。いろんなことに注意するし、後悔のないように生きたいと思うので、自分の心に嘘はつかないです。そうなると、苦しい生き方ではなく、自分を生かす生き方になったように思います。

フラダンサーの皆さんも、自分の体に不調が出て初めて、これじゃいけないって思うんですよね?
うまく出来ないぐらいでは、自分を変えられない。だから、力で押し切ろうとする。
それでも踊れるのがフラだけど、無理は無理を呼び、無理の連鎖が出来上がる。

これはなんでも一緒。自分をよく知るって、実はすごく難しい。自分に注目する出来事がある事で、自覚できることも多いです。
病気にならないにこしたことはないけど、悪いことばかりじゃない。どんな出来事にも光と影がある。光を見るか影を見るかで受け止め方が変わるんだと思います。

皆さんは、どうでしょうか?
多角的に物を見るって、とっても大事です。そのために必要なことはたった一つ。嫌いな人の立場に立って物を見て見ること。
やってみて。

食べることと姿勢

食べることは生きること。なので、食事に執着する力は、生きる力とも繋がります。

お母さんが自分の子供に受け入れられているように感じることは、与えた物を食べた時だったりするので、ミルクの飲みが悪かったり、離乳食がうまく進まなかったりするのが、不安の材料になったりします。

年齢が高くなっても、食べることを楽しみに出来ている人の方が生きる力があります。
ところが、飲み込みづらくなっていくこともよくある話。飲み込みに関係があるのが、姿勢です。

高齢者によくある、背中打丸まった姿勢は、飲み込みづらく、むせやすい姿勢です。高齢になってちからがおとろえると、尚むせるようになります。そうなってから姿勢を修正しようとしても、結構難しいです。そして、高齢者のむせ(誤嚥)は、生死に関わる重大事。つまり、姿勢は健康長寿を目指すなら必要なことです。

あなたは、自分の姿勢を知っていますか?悪いと思っているなら、何か対策をしてますか?

美しいフラは姿勢から

美しく踊りたいなら、姿勢は非常に重要。
ステージに上がる時だけ良い姿勢だったらいいなんて、甘い考えです。普段の姿勢が、ステージ上で出るのです。

写真を見ると一目瞭然。どんな瞬間も、美しく撮ってもらうのって、姿勢が美しくないと無理なんです。

普段から美しい姿勢なら、どんな時も美しく写真に残ります。

踊りだすと、姿勢って構っていられなくなります。その時に、素がでます。素の自分が油断している姿勢なら、そのままになるんです、さて、あなたは、どんな風に踊りたいですか?

美しく踊りたいなら、真剣に姿勢を改善することをお勧めします。今年こそ、大きな舞台に立とうとか、何かに挑戦しようとか、考えているなら、必ず必要になってくることと思いますよ。やるかやらないかは、あなた次第ですが、既に取り組んでいる人は、成果を上げているのですから、そこに並ぶなら今です。

新しい年に、新しいことに取り組んできるのも悪くないでしょう。しかも今年は、いろんな意味で飛躍できる年らしいので、そんな時に、大きく飛躍できる準備をしませんか?

令和2年 今年もよろしくお願いします

2020年も穏やかに始まりました。箱根駅伝も終わり、そろそろ、お正月気分から抜け出してきている方も多いかと思います。まだ、お休みの皆さま、どうぞ、ゆっくりなさってください。

ハレ・オハナは、今年最初のレッスンが始まりました。私は、今年はほとんど休んでいないので、お正月気分は味わったものの、ほぼ通常通りです。実家に帰ると、食べすぎちゃうのが困りますね。

2020年、オリンピックの年。今年は、ハワイに行きます。久しぶりにオアフにも5日間の滞在で、決してのんびりはしていないのですが、知的好奇心を満たす旅にしようと思っています。1日ぐらいは、ビーチでのんびり遊ぼうかな。ビキニを着れる体になっておかなくちゃ!コツコツ鍛えないとね。頑張りますよ〜

ハワイに行くと決まったら、それなりの準備も大事。英会話も、フラも、頑張ろうと思います。なんとかなるけど、それでもね。そして、ハレ・オハナをもっと充実させるようにも努力します。

普段が出るのがフラなので、普段をどれだけ磨くかを大切にしていきたいと思います。
毎日、忙しくて、大変ですが、楽しいから苦しくはない。頑張るを「顔晴る」と書いている人もいますね。もちろん、言葉って大事なんだけど、ワクワクすることも大事な気がするんです。積み重ねがコレクション。コツコツやっていって、素敵な結果になるようにして行けたらいいなって思います。

皆さんの目標は、なんですか?

そこに向かって、共に進んでいきましょう!!