ハワイ以外の価値がある

Exif_JPEG_PICTURE

フラスタジオの価値というと、どうしても「ハワイ」から離れられなかったのですが、よく考えると、フラの価値がわからない人にハワイのことを訴えてもよくわからないものです。

楽しいとか、気分転換になるとか、そういうことの方がよほど価値がある。ならば、私が加えられる価値って何だろう?と思ったら、あるじゃないですか。

フラが上手になるだけじゃなく、生涯動ける体を手に入れることが出来る

いつまでも若々しくいられる体になる

フラを踊るだけじゃなくて、準備運動として行っていることが、そのまま、アンチエイジングになる体操なので、コロナでお休みの間、体操だけでもやる、とオンラインレッスンに参加した生徒さんは何人もいました。

毎回のフラのレッスンで、体が動きやすくなるんです。

運動ってやった後はぐったり疲れるもの、というイメージがあるかもしれませんが、ハレ・オハナのフラは、レッスン後の方が体が楽になります。最初のうちは、筋肉痛になることもありますが、いつまでも続くのは変なので、レッスンの中で姿勢を修正して、動けるようにしていくことで、軽く動けるようになっていきます。

これを、本気で狙ってやっているところがあるかしら?結果的にそうなることはあるかもしれないけど、ちゃんと計算してやっているかと考えると、そんなことを狙ってフラを指導しているのはうちだけなんじゃない?と思うんです。

もちろんフラは、ハワイのクムから学んだもので、クムのレッスンも受けられますし、ハワイ的な付加価値もある。(このぐらいはね、ないとね)

楽しいと思うかどうかは、個人の問題で、私の感じる楽しいは、ちょっとどころかだいぶマニアックなので、共感してもらおうなんて思わないです。みんなが楽しいなら、それでいいかな、とは思ってます。

だけどね、それだけじゃ自分が納得できないんです。楽しいだけの時間に、どれだけの投資ができますか?精神的な支えにはなるでしょうけど、そこに違う価値があったら、その方が嬉しいんじゃないかな?

いろいろ考えて、アンチエイジングができるフラ、というところにやっぱり行き着きます。そもそも、気持ちの張り合いがあると年齢って不詳になるけれど、それをもっと加速するということです。

私が、もう直ぐ50歳になりますが、今の方が30代の時より体が動きます。少なくとも、膝のサポーターはいらないし、湿布なんて何年も貼ってない。いらない。筋肉痛にもならない。サボってはいないですよ。誰よりも踊っている。

こういう体で踊りたいなら、ぜひハレ・オハナにいらしてください。肩こりも腰痛も、忘れちゃいました。体がガチガチだったあの頃の自分に、真っ先に教えたいです。もっと早く、今のように踊れたいたらなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です