ハレ・オハナができること

Exif_JPEG_PICTURE

ハレ・オハナでできることの最も特徴的なのは、理学療法士が提供するサービスを受けられるということです。

理学療法士とは、国家資格で、運動を治療の方法として使用することができる唯一の資格です。もちろん、手技療法というもの(揉みほぐしたりするようなこと)も行いますが、体を動かすことで様々な症状を改善していったり、今持っている能力を最大限に発揮させたりする、骨と筋肉と動きのプロです。

ここの部分は、実は医師もあまり詳しく勉強しないので、医師以上に知っていることもあります。

例えば、あなたが膝が痛いとします。
レントゲンを撮っても、ひどい変化はなく(つまり、まだ骨には異常が起こっていない)ちょっと関節の隙間が狭くなっているとしましょう。
この場合、ドクターは「年のせいだ、治らない」と言います。そして、痛み止めと湿布を処方します

これって、よくある話です。
しかし、この痛み、動きを変えたら治る可能性があると聞いたらどうでしょう?それをするのが、理学療法士です。
湿布や痛み止めの代わりに、運動をする(動かす)ことで、痛みを軽くしていくんです。

この治療は、医師の処方がなければできないので、ハレ・オハナではできません。ハレ・オハナでやるのは、あくまでも体のコンディションを整えること。今よりは、使いやすい体になることです。

元々、治療をしていたので、無理な筋トレも、強引なストレッチもしません。また、揉みほぐしがどうしても必要な場合は行いますが、必要以上に筋肉を緩めることもしません。

ハレ・オハナでは、トレーニング後に筋肉痛が残ることはありますが、もみ返しは、絶対に避けます。筋肉が壊れている証拠と考えるからです。筋肉を自分で使った後に修復が必要なことはあっても、こちらが外から力を加えて筋肉を破壊することはありません。

また、体の動き方には、個人個人で癖があります。それを見抜き、癖を減らしてなるべく筋肉や骨にとって素直な動きになるようにしていくことで、軽く動く体を手に入れていただきます。

これは、動きを見抜く力が必要になります。

30年、人の動きを見続け、修正し続けてきたからこそ、提供できる技術です。特殊能力ではなく、経験が培ってくれたものです。

知識はもちろん、多くの人の動きを見て判断し、改善するようにプログラミングして、それを実行する。そんなことを繰り返してきています。

これを、フラの指導にも応用しています。だから、みんなが上手に見える。

五十肩で動かない、筋力がなくてできない、そんなことは必ずあります。しかし、そんな中でも、この部分ができていればそれなりに美しく見える、という方法があるんです。それを指導しています。だから、誰でも、上達できます。

もちろん、根本的に筋力をつけることや、痛みを減らしながら動くことも大事です。同時に、今すぐできる対策も知りたいと思うのです。それが、ハレ・オハナでできる、きっと他ではない特徴と思います。

お分かりいただけたでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です