投稿者「haleohana」のアーカイブ

ハレ・オハナができること

Exif_JPEG_PICTURE

ハレ・オハナでできることの最も特徴的なのは、理学療法士が提供するサービスを受けられるということです。

理学療法士とは、国家資格で、運動を治療の方法として使用することができる唯一の資格です。もちろん、手技療法というもの(揉みほぐしたりするようなこと)も行いますが、体を動かすことで様々な症状を改善していったり、今持っている能力を最大限に発揮させたりする、骨と筋肉と動きのプロです。

ここの部分は、実は医師もあまり詳しく勉強しないので、医師以上に知っていることもあります。

例えば、あなたが膝が痛いとします。
レントゲンを撮っても、ひどい変化はなく(つまり、まだ骨には異常が起こっていない)ちょっと関節の隙間が狭くなっているとしましょう。
この場合、ドクターは「年のせいだ、治らない」と言います。そして、痛み止めと湿布を処方します

これって、よくある話です。
しかし、この痛み、動きを変えたら治る可能性があると聞いたらどうでしょう?それをするのが、理学療法士です。
湿布や痛み止めの代わりに、運動をする(動かす)ことで、痛みを軽くしていくんです。

この治療は、医師の処方がなければできないので、ハレ・オハナではできません。ハレ・オハナでやるのは、あくまでも体のコンディションを整えること。今よりは、使いやすい体になることです。

元々、治療をしていたので、無理な筋トレも、強引なストレッチもしません。また、揉みほぐしがどうしても必要な場合は行いますが、必要以上に筋肉を緩めることもしません。

ハレ・オハナでは、トレーニング後に筋肉痛が残ることはありますが、もみ返しは、絶対に避けます。筋肉が壊れている証拠と考えるからです。筋肉を自分で使った後に修復が必要なことはあっても、こちらが外から力を加えて筋肉を破壊することはありません。

また、体の動き方には、個人個人で癖があります。それを見抜き、癖を減らしてなるべく筋肉や骨にとって素直な動きになるようにしていくことで、軽く動く体を手に入れていただきます。

これは、動きを見抜く力が必要になります。

30年、人の動きを見続け、修正し続けてきたからこそ、提供できる技術です。特殊能力ではなく、経験が培ってくれたものです。

知識はもちろん、多くの人の動きを見て判断し、改善するようにプログラミングして、それを実行する。そんなことを繰り返してきています。

これを、フラの指導にも応用しています。だから、みんなが上手に見える。

五十肩で動かない、筋力がなくてできない、そんなことは必ずあります。しかし、そんな中でも、この部分ができていればそれなりに美しく見える、という方法があるんです。それを指導しています。だから、誰でも、上達できます。

もちろん、根本的に筋力をつけることや、痛みを減らしながら動くことも大事です。同時に、今すぐできる対策も知りたいと思うのです。それが、ハレ・オハナでできる、きっと他ではない特徴と思います。

お分かりいただけたでしょうか?

短期カヒコレッスンは今回で最後です。

6回でカヒコ (古典フラ)を1曲学ぶのんびりカヒコ クラスは、10月からの3ヵ月で終了いたします。

のんびりカヒコ

2021年、ハレ・オハナは生まれ変わる予定で動き出しています。新しい世界(常識)に対応するため、そして、より多くの皆さまの健康のために、精一杯働かせていただこうと思ってます。

もちろん、フラダンサーさんのためにも頑張ります。変わらずご愛顧いただけますように。

しばらく、リニューアルに向けて、更新頻度も落ちると思います。
静かに過ごします。

新生ハレ・オハナで、こんなことができるといいな、と思うことがあれば、リクエストしてください。

筋肉の生活習慣病って知っていますか?

生活習慣病というものを皆さんはご存知だと思います。

高血圧、糖尿病、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高いこと)などが挙げられています。
これらの病気は、すぐに命の危機がないため、放置されてしまうことが多いのですが、放置することで重大な病気に繋がりやすく、しかも、生活の改善そのものが治療である、というところが理解されにくく、治療に結びつかない大きな理由と思います。

すぐに悪くならないので、放置しているというやつですね。

これ、筋肉にもあるのです。運動器というのが、骨や筋肉などを指すのですが、筋肉を自己流に使っていない人はこの世に存在しません。
全員が自己流なんです。
立って歩く方法を、初めて学ぶときに教わった方はいますか?寝返りも座ることも、全部自分で獲得してきていますね。なので、自己流なんです。

自己流の使い方は、多くの場合、筋肉をバランス良く使うということをしていません。使いやすい使い方があって、その方法を生涯繰り返すのです。

その結果、起こるのが姿勢のゆがみ(骨と思っている人が多いですが、筋肉のバランスの崩れによる場合はほとんどです)、肩こりや腰痛、外反母趾、扁平足などです。

バランスが崩れた状態では、美しい動きとは無縁になります。そして、徐々に痛みや姿勢の状態は悪化していき、最後は動くことすら困難になる可能性があります。

モデルさんやアスリートは、動き方からトレーニングして、自分の動きをより洗練らせ、力強くしていくのです。

フラも、同じことです。美しく踊りたかったら、肩こりがある、腰痛がある、膝が痛い、外反母趾だという状態を改善するようなアプローチも同時に行う方が効果的です。

嘘はついていません。
試してみたいですか?
ハレ・オハナでは、それを提供しています。興味があるのであれば、ぜひいらしてください。周りにいるどこかが痛い人は、今は踊れても、将来はに踊れないどころか、普通に歩くことも難しくなると思います。

ハレ・オハナのフラは、体に無理なく、バランスを整えながらフラを踊る方法もお伝えしています。フラを教わる必要がないという人は、フラのためのカラダ作りというプログラムで、エクササイズを行っているので、ぜひおいでください。一人でも多くの人が、長くフラを楽しめるといいなぁと思っています。

ハレ・オハナ 腹筋・背筋・殿筋クラブ

私、腹筋、背筋、お尻の筋肉が弱いことが悩みです。
コアコンディショニングで、ひどいマイナスから、ようやくゼロになったのですが、やはり足りない。

そこで、本腰入れて鍛えることにしました。
腹筋背筋殿筋クラブです。

3カ月、本気でやってみます。
まだビフォーの段階なので、写真、動画、データなどを残しながら、経過を報告出来る様に頑張ります。
目標は、バックベントが出来ること。多分、ゼロではなく、人並みの筋力になれば出来るはず。動きの分析は出来ています。感覚も、なんとなくわかります。
後は、下支えの筋力のみ。

自分が病的に弱い筋力だとわかったのは、フラを始めるか始めないかのころのこと。まだ、20代で、ピチピチしていて、理学療法士としてバリバリ仕事をしていた頃でした。
鍛えなければダメだ、と、先輩に言われましたが、放置。だって、仕事にもフラ にも支障がなかったから。
ところが、それから10年ほど経って、ついに腰を壊しました。

それから慌てて自分の体を変えようとしました。
そこで出会ったコアコンディショニング。
キツイ筋トレのイメージはなく、マイナスからゼロに戻すなら、これで十分でした。

ゼロから人並みになるには、やはり筋トレが必要です。わかっているけど、どうしても嫌いな筋トレ。
でも、ハワイとオンラインでつなぐレッスンを受けていると、完全にクプナ扱い。歳はとってるけど、もう少し頑張りたい。10代の若者には戻れないけど、10歳くらい若返ることは出来るかも知れない。

一念発起して頑張ることにしました。
皆さんも、頑張ってみませんか?頑張りたい方、連絡ください。一緒にやりましょう!

本当にやりたい方は、LINEで、ハレ・オハナと友達になってください。

https://lin.ee/ofeWSzm

こちらから登録できると思います。

腹筋クラブ加入希望という方は、その旨トークに書き込んでください。

締め切りは、8月30日正午です。加入希望したのに、13時まで待っても連絡が来ないという方は、改めてご連絡下さい。

お知らせなど送ります。詳細のお問い合わせも、LINEからお願いしますね。

オンラインでのレッスンなど始めますよ〜

まだまだ寒かった頃から、オンラインでのレッスンを行なってきたハレ・オハナ。今は、フラのレッスンもカラダ作りも、スタイジオでのレッスンを対応させていただいていますけど、ハイブリッドでも行なっています。

フラについては、まったくの初心者はオンラインだと難しいかな〜と思うのですが、経験があれば、なんとなくわかると思うので、オンラインのレッスンも対応していこうかな、なんて思っています。

フラのオンラインは、全身が映るようにカメラを設定していただけると助かります。

尚、相模原クラス、水戸クラスに関しては、こちらの通信環境が整いませんので、対応できません。また、カヒコ(古典フラ)については、現在は対応ができません。

ご了承ください。


カラダ作りも、オンラインでやりたい方は対応していこうと思います。動きを拝見しながらになるので、条件がいくつかあります。

一つは、通信環境。zoomというオンライン会議システムで行いますので、その通信が可能な環境です。Wi-Fiか、有線の回線があるといいと思います。

また、次のようなカメラの環境をご用意ください。

横になった時に、全身を上の方から見下ろすように映してください

立った時は、足元が映るように調整をお願いします。

なので、スマホやタブレットを、三脚などで固定できるといいですね。
自撮りや、誰かに持ってもらうというやり方では、疲れてしまうので、お勧めできません。

予約フォームに、オンラインの希望を記入できるようにしておきますので、お申し込みの際にお知らせください。
お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

ハワイ以外の価値がある

Exif_JPEG_PICTURE

フラスタジオの価値というと、どうしても「ハワイ」から離れられなかったのですが、よく考えると、フラの価値がわからない人にハワイのことを訴えてもよくわからないものです。

楽しいとか、気分転換になるとか、そういうことの方がよほど価値がある。ならば、私が加えられる価値って何だろう?と思ったら、あるじゃないですか。

フラが上手になるだけじゃなく、生涯動ける体を手に入れることが出来る

いつまでも若々しくいられる体になる

フラを踊るだけじゃなくて、準備運動として行っていることが、そのまま、アンチエイジングになる体操なので、コロナでお休みの間、体操だけでもやる、とオンラインレッスンに参加した生徒さんは何人もいました。

毎回のフラのレッスンで、体が動きやすくなるんです。

運動ってやった後はぐったり疲れるもの、というイメージがあるかもしれませんが、ハレ・オハナのフラは、レッスン後の方が体が楽になります。最初のうちは、筋肉痛になることもありますが、いつまでも続くのは変なので、レッスンの中で姿勢を修正して、動けるようにしていくことで、軽く動けるようになっていきます。

これを、本気で狙ってやっているところがあるかしら?結果的にそうなることはあるかもしれないけど、ちゃんと計算してやっているかと考えると、そんなことを狙ってフラを指導しているのはうちだけなんじゃない?と思うんです。

もちろんフラは、ハワイのクムから学んだもので、クムのレッスンも受けられますし、ハワイ的な付加価値もある。(このぐらいはね、ないとね)

楽しいと思うかどうかは、個人の問題で、私の感じる楽しいは、ちょっとどころかだいぶマニアックなので、共感してもらおうなんて思わないです。みんなが楽しいなら、それでいいかな、とは思ってます。

だけどね、それだけじゃ自分が納得できないんです。楽しいだけの時間に、どれだけの投資ができますか?精神的な支えにはなるでしょうけど、そこに違う価値があったら、その方が嬉しいんじゃないかな?

いろいろ考えて、アンチエイジングができるフラ、というところにやっぱり行き着きます。そもそも、気持ちの張り合いがあると年齢って不詳になるけれど、それをもっと加速するということです。

私が、もう直ぐ50歳になりますが、今の方が30代の時より体が動きます。少なくとも、膝のサポーターはいらないし、湿布なんて何年も貼ってない。いらない。筋肉痛にもならない。サボってはいないですよ。誰よりも踊っている。

こういう体で踊りたいなら、ぜひハレ・オハナにいらしてください。肩こりも腰痛も、忘れちゃいました。体がガチガチだったあの頃の自分に、真っ先に教えたいです。もっと早く、今のように踊れたいたらなぁ…

メニュー一部変更いたします。

ハレ・オハナは、新たなスタートを切ります。

ずっと一人でやっていこうと思ってましたが、そろそろ限界。ですから、いろんな人の助けを借りて、やっていこうと決めました。それに伴い、メニューの変更もあります。

フラの為のカラダ作りは、パーソナルのみとします。グループでは、やはり消化不良です。

お待ちいただいた方、ごめんなさい。再開できそうになったら、考えます。

それから、ハレ・オハナで初のインストラクター養成をします。

フラは私が教えると突っ張ってきましたが、体力が保たない。すでに候補の皆さんには、私のスケジュールを共有しているのですが、その過密ぶりにとても驚かれてます。こりゃダメでしょう、と。

企業ならブラックと言われる状況。自営だと、自分で調整できる分過密にもなりやすい。気づいてなんとかしないと、死んでしまいます。まだ、死ぬわけにはいかない。今でも幸せだけど、もっとみんなが幸せになる様に力を尽くさないとです。

そちらにちゃんと時間を作って、大きな目標に向けて進まないと、と思ってます。そのための準備。

私の思いを理解して、サポートしてくれる人がインストラクター候補者です。フラが上手か下手かよりも、メンバーのことを何より大事にしてくれる人、というのが選考基準です。考えの軸が自分の人は、どんなにフラが上手でも、指導者には向かないと思ってます。

ようやく、そんな人が育ってくれて、嬉しい限りです。

これからのハレ・オハナにもご注目ください。先行者利益もあると思うのですよ。今なら安く受けられるとか、予約が取りやすいとか。
今からなら経験があまり問われず、人間性があればインストラクターになれるかもしれないとか、そのためのレッスンは無料ですとか。

まぁ、気になる方がいたら、どうぞおいでください。私の選考基準は案外厳しいですよ。第三の目で見てますから(笑)

ウクレレレッスン再開いたします

ハレ・オハナ専任講師によるウクレレレッスンも再開いたします。

今月は、6月21日(日)15時〜です

料金は1人2000円です。

こんな曲が弾けるようになりたい、というリクエストも受け付けています。
日程などは、講師が相談に応じます。まずはお気軽にお問い合わせください!

ご予約はこちらから↓

ハワイ語のワークショップ開催します



「歌から学ぶハワイ語」と題しまして、ハワイ語のワークショップを開催します。定期開催にできるように頑張ろうと思っています。

ハワイ語の曲で、ハワイ語を学び、知り得る限りの曲の背景、裏の意味などを知るワークショップです。

日時:6月21日日曜日 午前10時〜11時

場所:フラ&パーソナルトレーニングスタジオ ハレ・オハナ

料金:2,000円(ハレ・オハナ共通チケットが使えます)

定員:4名(密になるのを避けるため、少人数にさせていただきます)

お申し込みはこちらから。

6月より、通常のレッスンを行なっています

ハレ・オハナは、6月より通常のレッスンを開始しております。もちろん、生徒さんが通うことに躊躇う場合は、オンラインでも対応しますが、実際に一緒に動いてレッスンするのと、画面を通して見るのとでは、受ける印象などが違うので、対面のレッスンっていいなぁ、と思っています。ずっとオンラインで同じ時間に会っていましたので、久しぶりだけど、そうじゃない、と言う感じが不思議でした。

私が医療従事者なので、清潔にはうるさい。やり直し!なんて言われて手を洗う皆さん(笑)ご自宅でも、正しいマスクのはずし方、置き方、手洗いなどができるように、と思っています。

レッスン中もマスク着用です。ただし、外からつけてきたマスクは、それ自体が怪しい。レッスン中に息苦しくてマスクに触る。その手で汗を拭う、水を飲むなんて言語道断なので、付け替えます。

付け替え用のマスクは、飛沫が飛びにくく、呼吸がしやすいもの。最もよく喋る指導者が、大きめのマスクが必要で、皆さんは小さくても大丈夫。これで防げないほどの咳が出ると言う人は、入室お断りなので、そう言う点でも、環境はしっかりと作っています。

狭いので、人との距離は近いんですが、なるべく接触しないように、感染を広げるリスクを減らすように、徹底していきます。