オススメ」カテゴリーアーカイブ

ハワイ以外の価値がある

Exif_JPEG_PICTURE

フラスタジオの価値というと、どうしても「ハワイ」から離れられなかったのですが、よく考えると、フラの価値がわからない人にハワイのことを訴えてもよくわからないものです。

楽しいとか、気分転換になるとか、そういうことの方がよほど価値がある。ならば、私が加えられる価値って何だろう?と思ったら、あるじゃないですか。

フラが上手になるだけじゃなく、生涯動ける体を手に入れることが出来る

いつまでも若々しくいられる体になる

フラを踊るだけじゃなくて、準備運動として行っていることが、そのまま、アンチエイジングになる体操なので、コロナでお休みの間、体操だけでもやる、とオンラインレッスンに参加した生徒さんは何人もいました。

毎回のフラのレッスンで、体が動きやすくなるんです。

運動ってやった後はぐったり疲れるもの、というイメージがあるかもしれませんが、ハレ・オハナのフラは、レッスン後の方が体が楽になります。最初のうちは、筋肉痛になることもありますが、いつまでも続くのは変なので、レッスンの中で姿勢を修正して、動けるようにしていくことで、軽く動けるようになっていきます。

これを、本気で狙ってやっているところがあるかしら?結果的にそうなることはあるかもしれないけど、ちゃんと計算してやっているかと考えると、そんなことを狙ってフラを指導しているのはうちだけなんじゃない?と思うんです。

もちろんフラは、ハワイのクムから学んだもので、クムのレッスンも受けられますし、ハワイ的な付加価値もある。(このぐらいはね、ないとね)

楽しいと思うかどうかは、個人の問題で、私の感じる楽しいは、ちょっとどころかだいぶマニアックなので、共感してもらおうなんて思わないです。みんなが楽しいなら、それでいいかな、とは思ってます。

だけどね、それだけじゃ自分が納得できないんです。楽しいだけの時間に、どれだけの投資ができますか?精神的な支えにはなるでしょうけど、そこに違う価値があったら、その方が嬉しいんじゃないかな?

いろいろ考えて、アンチエイジングができるフラ、というところにやっぱり行き着きます。そもそも、気持ちの張り合いがあると年齢って不詳になるけれど、それをもっと加速するということです。

私が、もう直ぐ50歳になりますが、今の方が30代の時より体が動きます。少なくとも、膝のサポーターはいらないし、湿布なんて何年も貼ってない。いらない。筋肉痛にもならない。サボってはいないですよ。誰よりも踊っている。

こういう体で踊りたいなら、ぜひハレ・オハナにいらしてください。肩こりも腰痛も、忘れちゃいました。体がガチガチだったあの頃の自分に、真っ先に教えたいです。もっと早く、今のように踊れたいたらなぁ…

久しぶりのフラのためのリハビリ体操動画

緊急事態宣言を受けて、フラのレッスンの休業しているところがほとんどかと思います。小さな教室で、換気をしながら続けている先生もいると思うのですが、私は、レッスンに来ること自体が移動することですし、移動の制限がある状況で生徒の皆さんに政府の要請を気にせずレッスンにきてね、と言えなかったので、休業しています。

最も、カルチャースクールやスポーツジムなどは休業しているし、公共の施設は軒並みクローズしているから、レッスンができない先生も多いんじゃないかと思うんですね。オンラインレッスンだって、カルチャーやスポーツジムの生徒さんにはできないか、レッスン代を取ることはできなかったりして、難しいですよね。

その点、ハレ・オハナは、カルチャースクールはハワイ語がほとんどで、フラは1クラスのみ、公共の場所でのレッスンは1クラスだけなので、それ以外は、オンラインでレッスン継続しています。

実は、習慣って失われるとない方が楽なので、長期にわたるお休みの後って復帰する生徒さんは激減するんです。フラは楽しいけど、フラのレッスンに行かない時間に、こんなこともあんなこともできるなんて発見しちゃうので、フラに行く気力をもう一度立て直すのが結構大変なんですね。

お休み中に踊っていれば、少しは違うんですが、それすらやらなくなると「どうしてフラをやってたんだっけ?」というところまで考えてしまうんです。そこで、皆さんどうしているのかなと思い、アンケートをとらせていただきました。もちろん無記名。

復帰しない人は、きっとアンケートにも回答しないと思うので、復帰したい人が記入してくれているのですが、漠然と不安を持っているようでした。

新型コロナに関することも含めて、いったい自分はどうして行ったらいいのか?と悩むのかな〜と。大人の趣味ですからね。ハワイのゆったりイメージとは違って、細かいルールがあったりして、意外と窮屈なところもありますし、人間関係についてはコロナなんて関係ないし、仲間との練習量やフラ への熱量の違いは、今後の不満になるんじゃないかって思ったりと、様々なお悩みがあるようでした。

でもね、ちょっと思い出してほしいんです。皆さん、踊るの好きよね?音楽に合わせて体を動かすの、好きよね?

そこが原点じゃないのかな?体力は追いついてくる。でも、気力はそうも行かない。もう一度火をつけないと、情熱が燃え上がらない。そこで、すごく簡単な動きなんだけど、フラっぽいようなそうでないような、久しぶりに体を動かす人が音に合わせて動くって楽しい!ということを思い出せるような動画を作りました。

こちら、ハレ・オハナとLINEで友達になってくれた人限定でご紹介しています。

https://lin.ee/ofeWSzm

こちらから友達になってください。そして、キーワード「リハビリ」を、トークラインに入れてください。それで、動画が見られるリンクをお送りします。

繰り返し動くことで、体力も戻るでしょうし、フラを踊ろうという気持ちになるかもしれないです。そうなったら嬉しいなと思ってのことですので、お気軽にご利用ください。

初めてフラを習う方向けのクラス、いくつか開講です

2020年4月より、初めてフラを習う方対象のクラスをいくつか作りました。

こちらの4クラスです。他のクラスでも同じように変更していく可能性もあります。

4月は、いろんなことが動き出しやすくなる時です。
そして、新しい人間関係の中で、自分の立ち位置を模索する時期でもあります。環境が変わる人も多いので、心が疲れちゃうことも多いですよね。そんな時に、ハワイアンのなんとも言えないのんびりした音楽に合わせて体を動かすこととか、今までやったことがない動きに集中するとか、そんなちょっとした時間が、あなたの人生に潤いを与えると思います。

私も、フラに救われた一人です。フラがなかったら、乗り越えて来られなかった出来事がたくさんあります。引きこもり寸前の状態だったのを、外に連れ出してくれてのも、フラでした。踊っている時だけは、いろんなことを忘れられました。

そんな時間を皆さんにも提供できたらいいなと思います。一緒に、楽しい時間を過ごしましょう!

ワークショップ、講座開催のお知らせ

お待たせしました。2020年のハレ・オハナが主催する講座、ワークショップの日程が出揃いましたので、お知らせします。

まず、フラのためのカラダ作り 集中ワークショップ

感じる解剖学 2020年2月16日(日) 10:00〜13:00
ストレッチ編 2020年2月29日(土) 10:00〜13:00
筋トレ編   2020年2月29日(土) 14:00〜17:00

定員各6名 受講料10,000円(税込)再受講は、6,000円

以下のテキストをご用意ください。

お申し込みはこちらからどうぞ。


いすフラコンダクター養成講座のお知らせ

今年も、いすフラコンダクターの養成講座を行います。今年から、内容をリニューアルしまして、学ぶとは何か?いすフラと学びの関係などをお伝えします。

私がライフワークと思っていることが「生涯学び続けること」の意義を伝えることです。新しいことを勉強することが学びなのではなく、自分を発見していくことこそが学びです。本来、人はそういう学びを喜びに感じるものなんですが、「学ぶということは苦しいこと、勤勉であること」という思い込みが、学びを阻害しています。

うまく学べるということは、生きやすくなることでもあるし、自分を受け入れることでもあります。いすフラを通して、全ての年代の方が学び、生きる喜びを感じてもらえたらなぁ、と思うので、そういう人材をたくさん養成したいという思いがあります。

そこで、学習理論を共に学んだ仲間である、ラーニングファシリテーターの小野さんのお力を借りて、講座を開催します。興味のある方は、是非おいでください。

日時 2020年3月15日(日) 10:00〜17:00

受講料 25,000円(再受講10,000円)

修了証を発行します。
いすフラコンダクターと名乗っていただけます。

お申し込みはこちらからお願いします。

クービック予約システムから予約する

上記お支払いには、クレジットカードや、各種QRコード払いなど対応しています。ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

美しいフラは姿勢から

美しく踊りたいなら、姿勢は非常に重要。
ステージに上がる時だけ良い姿勢だったらいいなんて、甘い考えです。普段の姿勢が、ステージ上で出るのです。

写真を見ると一目瞭然。どんな瞬間も、美しく撮ってもらうのって、姿勢が美しくないと無理なんです。

普段から美しい姿勢なら、どんな時も美しく写真に残ります。

踊りだすと、姿勢って構っていられなくなります。その時に、素がでます。素の自分が油断している姿勢なら、そのままになるんです、さて、あなたは、どんな風に踊りたいですか?

美しく踊りたいなら、真剣に姿勢を改善することをお勧めします。今年こそ、大きな舞台に立とうとか、何かに挑戦しようとか、考えているなら、必ず必要になってくることと思いますよ。やるかやらないかは、あなた次第ですが、既に取り組んでいる人は、成果を上げているのですから、そこに並ぶなら今です。

新しい年に、新しいことに取り組んできるのも悪くないでしょう。しかも今年は、いろんな意味で飛躍できる年らしいので、そんな時に、大きく飛躍できる準備をしませんか?

まずは足元から整えよう

遠くにあるものより大事なこと

マウナケアにTMTが建設されることに関して、ハワイで問題となっています。

そこが聖地である、大切なところである、ということとともに、水源であるということも問題になっていますよね。

それに、日本人がたくさん参加していることは、私も承知しています。

ただ、どうにも拭えない違和感があるんです。

日本だって、自然環境や現地の人にとっての聖地を壊している例はたくさんあるんです。自分の国のものも守れない人が、他国のことをできるのでしょうか?

私は、自分のことをしっかりやっていくことで、マウナケアだけじゃなく、地球規模で、無用な開発や自然破壊を食い止められたらいいな、と思っています。

このヒントになった言葉が、ハワイでガイドをやっているJUNさんの言ったこと。

大切なひとの遺灰が、海に撒かれたのだそうです。「海がお墓なら、世界中どこに行ってもその人に会える気がする」と。すごく素敵な言葉で、そして、気負うことなく海を大事にしようって思える言葉でした。
なので、海に流しても大丈夫な洗剤、石鹸等を使うようにしました。

そういうものは、少しお高い。量産されていないせいです。お金じゃ買えない地球の環境のために、少々お高くても、自然に優しいものを使いたい。そしてそういうものは、敏感肌の人にも優しかったりします。赤ちゃんにも使えるものですね。

こんな話をすると、裕福だからできるって言われそうですが、そんなことはないです。

普通に生活しています。

できることをしているだけなんです。大好きなハワイのために。私たちの住むこの地球のために。

微々たることしかできないですけど、それでも、可能な限りやろうと思います。

きっとどこかで、何かに繋がると信じて。

この考えに賛同することもしないことも、どちらもいいと思っています。私と全く同じ考えの人ばかりではないですから。どこに価値を置くかは、人それぞれです。

マウナケアに行って、現地の人と活動するもよし、想いを馳せるでもよし、違うことだけど、できることをやってもよし。

それでは、私が使用している、海に流せる石鹸等をご紹介します。

アレッポの石鹸 オリーブの石鹸です。肌に優しい。天然の成分だけでできています。

お洗濯に使える竹炭せっけん。パンダのマークは世界最大の環境保護団体の公式ライセンス商品なのだそうです。

初めて無添加シャンプーを使うなら、これがオススメです。ボトル付き。シリコンなど入っていないので、軋みます。シャンプー前にブラッシングして使用するのがオススメです。