ハワイの人のように踊りたい」タグアーカイブ

文化は言葉にならない

体得するものなんですって

明文化されていないものを「文化」という。

天皇陛下の即位にまつわるいろんなコラムを読む中でみつけた一文です。岡田斗司夫さんの言葉らしいですけど、ネットサーフィン中のことなので、もう出典が分からない。

なので、不確かな情報ですけど、この文章は、とても心に響いたので、その通りです。

だから「文化」は、理屈ではなく、体験として体得するしかないのですって。

フラも文化。ということは、説明出来ないことこそが、フラなのではないかしら?と思うんです。

ただ踊れるだけではダメなんです。

ルールになっていないことを理解して、尊敬の気持ちを持ってフラと向き合うことで、見えてくるものがあるはずです。

そのためには、やっぱりハワイとのつながりがないとね。

そして、クムフラや、ハーラウのメンバーと接する機会があると、もっと良い。

出来れば、ハワイで。

そんな機会を、ハレ・オハナは作っていきます。

文化を学ぶって、体験することだから。

良いなあ、と思ったら、自分で道を切り開くのもありだと思います。私は、飛び込んで行きました。

そして、体験が積み重なるほどに、深く深く知りたくなりました。

ハワイアンにはなれない。これは当然のことです。だって、私は日本人だから。

せめて、近づきたいと、まずカラダを変えて、ハワイアンの動きに近づけるようにして行こう、そして、体験できる機会を作ろうと考えてます。

踊りを学びたいだけなら、ハレ・オハナに来ることはないと思います。ハワイを丸ごと学びたいなら、是非いらしてね。

クムフラからいただいた経験が、生徒さんに文化として定着しているので、ハワイのハーラウみたいだと、クムフラに褒めていただいてます。違いは、生徒さんの声の大きさなんですって(笑)

ハワイの人のように踊りたいから その5

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

ハワイの人のように踊りたいから その3

ハワイの人のように踊りたいから その4

気持ちよく踊れるようになって、自分だけがこんな風に感じているのはもったいないと始めたのが、フラのためのカラダ作りです。フラダンサーじゃなくてもいいんですが、とにかく、カラダが楽になるし、姿勢も改善するんです。

それだけで、フラがすごく踊りやすくなる。全くハワイの人と同じにはならなくても、近づくことは出来そうだな、と思います。

フラに出会うまで、たいした運動もせず、どっちかというと運動音痴の私が出来ているんです。皆さんの方が習得は絶対早いと思います。ただし、きちんと自分の体のことが理解できてコントロールできるまで、通って欲しいです。なるべく通う回数を少なくしたいというのはわかるのですが、がむしゃらに頑張るタイプの方は、考えすぎる傾向があって、考えすぎてうまくできなくなることが多々あります。フラがそうなら、カラダ作りもそうです。力を抜くっていうことが大事になるんですけど、これって、すごく難しくて、入れるべきところに入らないと抜けないんですね。それがわかるまでが時間がかかるのです。どこに力が入っていると安定するのか、それも最低限の力で。自分の体を探って探って、わかるまで、地味な動きをやって欲しいのですが、カラダ作りレッスン中に1時間かけて準備してきて、できるかな?と思ってやった一番最後にやるちょっと負荷量の高い種目のみを取り上げてやっちゃう人が多くて、それじゃダメなんだよ、って思います。

使ったことのない筋肉は、丁寧に取り扱ってあげないと動かないです。早く早くと思うから、ゆっくり丁寧に、を忘れちゃう。なので、しばらく間が空いた方にお家でのエクササイズをやってもらうと、ハレ・オハナでやったものの10倍速ぐらいでやっていることが多いです。それでは、何の意味もない。動画を見て動いているのと同じです。スピードも大事。

準備ができているというのがどういう状態なのかっていうのも、言葉で説明するとわからないんです。安定している感覚としか言いようがないので、安定ってどういうことか、その感覚に個人差が大きいので、これですよ、と言わないとわからない。

ですから、人に見てもらうって大事です。

ハワイの人と同じように踊りたい、と思っているなら、ぜひ、いらしてくださいね。そういう方は少なからず、フラに対しては真剣だろうと思うので。

適当に楽しく踊ればいいなら、来なくていいんじゃない?と思います。そういうクプナは、ハワイにもいますから。

ハレ・オハナは、フラを真剣に学びたい人を応援します。

ハワイの人のように踊りたいから その4

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

ハワイの人のように踊りたいから その3

コアコンディショニングと出会って、日常のいろんなところが楽になってきました。

その一方で、心配もあったんです。フラはちゃんと踊れるのか?という心配です。

以前、先生に「バレエストレッチをやりたい」と言ったら、「そんなものやったら、変な癖がつくからダメ」と言われたんです。私の中では、ストレッチだったんですが、止められて、フラ以外はやっちゃいけないのか、と思ったんです。

だから、怖かった。

ところが、です。

怒られないどころか、すごいことが起こりました。

4日間のカヒコ合宿inハワイ島というイベントがあって、それに参加した時に、全く筋肉痛にならなかったんです。それまで、毎回レッスンのたびに筋肉痛になっていて、まだまだだなぁなんて思っていたんですが、(合宿直前のレッスンでは、若干手抜きしていたかもなので、参考にしていなかった)本気で低く低く踊っても、スカートが浮くぐらいのウエヘをしても、全く痛みがない。先輩たちがそれを見て、もっと低くと言っていたので、私も本気で低く踊らなくちゃとますます低くなったのですが、それでも大丈夫でした。

フラのレッスンは、カラダがちゃんと変わるまであまり本気でやらなかったので、とてもびっくり。そして、先生からも特に注意されることもないし、踊っていて体がすごく伸びやかに動くので、日が経つごとに踊るのが楽しくなるんです。

体幹をすごく鍛えているという感覚でもなく、自分の体がどう動くのかと向き合って、一番快適に動けるところで動く練習をしているだけで、こんなに楽になるなんて。

ハワイの人のように踊るって、体に優しいことなんだって、自分で体験して初めてわかりました。無理していないから、美しいし、体を使い切ることができる。

カラダを使い切って踊れれば、心を伴って踊ることもできるようになる。

自然と一体となって踊るっていうのは、心の問題だけじゃなくて、体に逆らわず、ナチュラルに踊ることだったんだと、気がつきました。だから、スッキリして踊らないとなんですね。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その3

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

自分が患者さんに治療として行なっていた方法は、少し変わった方法だったので、できる人が限られていました。しっかりできる人は、全国に当時100人いたかなぁ?という方法。なので、それに頼るわけにはいきませんでした。何より、その方法ができる皆さんは忙しい。時間外にちょっとみてください、と頼めないほど忙しかったんです。今なら、ブラック企業と言われかねない忙しさの中で働いていて、きっと今でもそんな感じ。

仕方なく、ネットでいろいろ探し始めました。体幹をなんとかするところ、理論的な背景を持っているところ、無理はさせないところ、動きをしっかりみられる人がいるところ。探して探して、やっと見つけたのが、コア・コンディショニング協会。そして、そこのメソッドを伝えているパーソナルトレーニングサロンでした。

某フィットネスジムで、1ヶ月数万円払ってパーソナルトレーナーをお願いしていたのですが、何をしてくれるかって、マシンの隣に立って数を数えてくれていた。それだけ。どう動けばいいのか、全く教えてくれないし、肉離れになったのに、そのフォローもなし。トレーナーにカラダを壊される!と、早々にそのジムをやめました。だから、すごく怖かったんです。

数ヶ月そのコアコンのサイトを見ていて、様子を見ていました。やな奴でしょ?

でも、ついに決意して、そのサロンに足を踏み入れて、初回の感想が「これ、イケる!」だったんです。無理はしない。動きは教えてくれる。何より自分の体が変わる。楽になる。きっといいぞ、と思って、通いました。

通っているうちに、患者さんたちが言っている「リハビリは大変なんだけど、そのあと楽なんだよ」の意味がわかるようになりました。歩くのが楽、階段の上り下りが楽、立っているのが楽、座っているのが楽。

日常が変わり始めました。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その1

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたい。日本人ダンサーで、ちょっと真剣にフラに取り組んでいる人なら、誰でも一度は考えたことがあることと思います。

もちろん、私も思いました。

40歳を超えたある日、ぼんやりメリーモナークの動画を見ていて、ふと、「この人たちって、まだハタチそこそこなんだけど、私よりフラを踊っている時間が長いんだよなぁ」と思ったんです。ピチピチ20代の中に、40代のおばちゃんが混ざって踊れるのか?彼女たちの方がフラに関しては先輩で、経験も少ない、しかも年齢が高い私が、同じように踊れるのだろうか?そんなにがむしゃらに頑張れるんだろうか?と、途方もないことを考え始めたのです。

考えれば考えるほど「無理だ〜」と思ったんです。若さも情熱も、追いつかない。

「ならばクプナさんは」そう思ったら、そっちはもっと絶望的でした。同年代の人たちは、40代だったら30年以上のフラの経験がある。経験年数が違い過ぎます。その雰囲気はもっと出せない。

そのぐらいの経験があるぐらいになった時には、私はヨイヨイのおばあちゃん。踊れるのか?そもそも生きているのか?それすら定かじゃないぐらい気の遠くなる話です。

ああ、一生涯かけても、あのように踊れる日は来ないのだろうか?

ちょっと諦めかけた時に、隙間を埋める方法はないのか?と考え始めました。

経験年数違い、年齢の違い、そういうのを超えられる方法はないか?

結構本気でした。

つづく